技能解説

【聞き耳】どれを取る?クトゥルフ神話TRPGの技能解説!

 

クトゥルフ神話TRPG」を遊んでいて、こんな事ありませんか?

技能は何を取ったら良いのかわからない!

いっつも同じ技能になっちゃって、面白味がない!」

「そもそも技能にどんなものがあるのかわからない!」

そんな悩みを解決します。

より多くの技能を紹介する為、6版ルールブック及び6版のサプリメントを中心に紹介しています。

7版である「新クトゥルフ神話TRPG」とは一部異なる点にご注意下さい。

聞き耳とは?

その名を通り音を聞く技能です。

音の意味を解釈し、理解出来るかどうかの判定に使用します。

 

拡大解釈として、<聞き耳>の技能値が高いということは、他の知覚も鋭いかもしれない

という解釈があります。

 

目星に次いで使用機会の多い技能となります。

 

具体的に使える場面

扉の前で振る事で、中で何かの動く音が聞こえるかどうかの判定。

人混みの中で、必要な情報を耳に挟む為の判定などに使用します。

(余談ですが、人混みでも都合の良い会話を聞けるカクテルパーティー効果というものが本当にあります)

 

また、何者かに気絶させられた後、物音で目を覚ます事が出来るか、という判定にも使えるでしょう。

爆発音などによって耳が一時的に聞こえなくなる場合は、技能値の半分または1/4で判定すると良いでしょう。

 

やりがちなこと

基本的に耳を澄ませて聞く、という事なので間違いが起こり辛い技能です。

あるとすれば、全ての扉の前で<聞き耳>を振って、進行が遅くなる、くらいでしょうか。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

聞き耳>は<目星>、<図書館>と並び御三家と呼ばれるほど使用頻度が高い技能です。

是非マスターして佐村河内ごっこをして下さい。

 

 

他の技能気になった方はこちらから

技能解説

続きを見る

 

このサイトでは、「職業解説」や「神話生物紹介」など

クトゥルフ神話TRPG」に関する多くの情報を掲載しています。

良ければ是非ご覧ください

 

参考文献: 1.サンディー・ピーターセンほか,クトゥルフ神話TRPG,株式会社KADOKAWA,2014年 第17版

-技能解説