技能解説

【図書館】どれを取る?クトゥルフ神話TRPGの技能解説!

クトゥルフ神話TRPG」を遊んでいて、こんな事ありませんか?

技能は何を取ったら良いのかわからない!

いっつも同じ技能になっちゃって、面白味がない!」

「そもそも技能にどんなものがあるのかわからない!」

そんな悩みを解決します。

より多くの技能を紹介する為、6版ルールブック及び6版のサプリメントを中心に紹介しています。

7版である「新クトゥルフ神話TRPG」とは一部異なる点にご注意下さい。

 

図書館とは?

所定の本や新聞参考資料書類などを見つける為の技能です。

ルールブックには「最も重要な技能」として記載されています。

 

本を見つけるだけでなく、どこに本が隠されているかなどを察する際にも使用出来ます。

 

具体的に使える場面

図書館>という名の通り、図書館で使用することが一番多いです。

図書館で技能に成功した場合、事件に関する新聞や、探していた書籍などが見つかります。

図書館に限らず、街の本屋さんでも同様に探すことが出来るでしょう。

 

また、被害者の部屋で使用する事で、生前何について熱心に研究していたか

などがわかり、探索につながる事が多いです。

 

また、インターネット上で調べ物をする際にも<コンピュータ>の代用として使用することがあります。

 

勘違いしやすい点

実は、ルールブックに忠実に行うのであれば、

<図書館>1回につき、4時間の時間経過があります。

そして、「探索者1日3回以上使うことはほとんどない」という記載があるように、

気軽に振る事が出来ない技能なのです。

 

しかし、そのルールに忠実になり過ぎるとシナリオ進行が遅れたり

最悪詰む事になるのでそこは臨機応変に。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

<図書館>は必ず使う技能と言っても過言ではないほど頻出します。

是非図書館マスターになって地球の本棚にアクセスしてみて下さい。

 

 

他の技能気になった方はこちらから

技能解説

続きを見る

 

このサイトでは、「職業解説」や「神話生物紹介」など

クトゥルフ神話TRPG」に関する多くの情報を掲載しています。

良ければ是非ご覧ください

 

参考文献: 1.サンディー・ピーターセンほか,クトゥルフ神話TRPG,株式会社KADOKAWA,2014年 第17版

-技能解説