TRPGその他

【閲覧注意】クトゥルフ神話TRPGでKPをする際に注意したい5つのこと

回は「クトゥルフ神話TRPGでプレイヤーとして遊ぶ時に注意したい5つのこと」を執筆しました。

まだご覧になってない方はこちらからどうぞ。

 

さて、今回は前回よりも刺激的です。

KP9割の私がオブラートを破り捨てて書き殴ります。

今回は聞いた話半分、実話半分でお送りします。

また、前回に比べて主観が多めです。苦手な方はこちらへお願いします。

 

よろしければ、最後までお付き合い下さい。

1.殺戮マシーン

完全聞いた話です、私は都市伝説だと信じてます。

何か調べるの失敗したら即死、前触れの無いトラップを踏んだら即死

他のTRPGに比べてクトゥルフにはこういうKPが多いんだとか。

 

もちろん、キャラが死ぬ事は悪ではありません

命を失う事によって生まれるドラマもあります。

しかし、何の意味も無く殺すのは犠牲者のNPCだけにしましょう。

 

2.シーンを回さない

プレイヤー編でお話した、「分だけが行動する」プレイヤーに対して、

配慮しないKPにも非があるのです。

KPは全体の雰囲気を見る必要があります。

喋れていない人はいないか、物語の進捗状況はどうか、やりたくない事を無理矢理させていないか

 

全ては全員が楽しむ為、その舵を握っているのはKPなのです。

 

3.休憩の提案をしない

これは結構います。
3時間ぶっ通しでTRPG出来るのは一部の人間だけです。

人の集中力は90分が限界(諸説あり)なんて事も言われます。

1時間に1回程度休憩を取ってあげると、プレイヤーにも、KP自身にも良いでしょう。

 

また、プレイヤー側からは言い出し辛いという声も聞きます。私もそうです。

 

プレイヤーは探索に、KPはシナリオ進行集中力を割いているのですから、普段より疲れています

4.NPCのロールプレイに没頭する

これは私が最も気をつけていることです。

NPCが複数出てくるシナリオで、サブKPが居ない状況だと一人でやらなくてはいけません
NPC同士の会話になると声色使い分けたり、喋り方変えたりで思わず集中してしまいます。

そんな時、プレイヤー達はどちらかです。

物語に入り込むか、開いた口が塞がらないか。

 

これに対する具体策は、

NPCが少ないシナリオを選ぶか、

プレイヤーの反応を感じること意外無いと思います。

5.100%シナリオ通りに進行しようとする。

頭の固い人は嫌われます。

なぜなら、面白くないから。

 

シナリオはある程度の方針なので、それをガチガチにし過ぎると、

プレイヤーは「れ、私じゃなくてもいいよね」と思ってしまいます。

シナリオ小説でなく遊べるゲームなのです。

 

シナリオは生き物、とTRPG界隈でよく耳にするのですが、

遊んでいる人によって変化していくものなのです。

シナリオは枠組み程度に考えて、ある程度の自由度を持って遊んでもらうのが良いでしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

意識高い系KPかよ」と思われる方もいるかもしれません。

 

ですが、KPはプレイヤーの時間を預かるのです。

クトゥルフのシナリオは短くても1時間半のものがほとんど。

映画一本見れるんですよ。

 

もちろん、KP自身楽しむ気持ちは大切です。

ですが、それが行き過ぎて自分だけのゲームにならないよう、注意しましょう。

私も、気をつけます。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

宣伝

このサイトでは他にもTRPGに関係した記事多数掲載しております。
よろしければ、下記URLからご覧下さい。

もえびとのBQ blog」

 

 

また、YoutubeにてTRPGの遊び方や、大正クトゥルフの遊び方など、
初心者に向けた動画を公開中です、こちらも合わせてご覧下さい。

もえびとのTRPGチャンネル

-TRPGその他