ブレンパワード

【本編見た方向け】ブレンパワード 振り返り解説【中級編】

 

前回は、ネタバレ無しで未視聴の方向けの記事を書きました。

ブレンパワード初級編

続きを見る

お待たせしました、今回は既にブレンパワードを一周した人向けのマニアック記事になります。

今回は劇中で語られた設定についてお話していきたいと思います。

それでは、まず物語の真相を振り返っていきましょう。

 

 

 

オルファンとは何だったのか?

オルファンとは、地球外生物であり、2機存在しました。

海底に墜落したオルファンは、地球のオーガニックエナジィを集めながら、浮上するパワーを溜め込みます。

そんなオルファンが墜落した時に放出されたものが「プレート

墜落したオルファンのプレートからはグランチャーが、どこかに行ったもう一体のオルファンのプレートからはブレンパワードが生まれました。

 

ブレンパワードとグランチャーの違い

さて、次に機体それぞれの特徴を見ていきましょう。

アンチボディである彼らは、それぞれ意思を持ちます。

ブレンパワード比較的温厚で、人間との共生の道を歩もうとし、

グランチャー気性が荒く人間を取り込もうとしています。

 

共通点としては、子宮の位置にあるコックピットから、人間のエナジィを吸って活動するという事。

劇中のセリフでは、「(ブレンは)部分では深く、全体では優しい

(グランチャー)は神経に直接触ってくるっていう強迫的な感じ」とあり、先述した特徴の根拠となります。

 

主題歌に込められた「官能」の意味

本編より有名なOP「IN MY DREAM」、綺麗で、どこか不気味な花が印象的な「愛の輪郭(フィールド)

このどちらも、かなり官能的な歌詞になっています。

さて、ここでそれぞれの歌詞の一部を見てみましょう。

 

シルクのベッドで 愛し合おう朝まで

I can't get enough your love

(中略)

耳元でいつも エンドレステープのように

囁いていて Love me Forever

IN MY DREAMより引用

見ての通り、一回のサビで「」というワードが何回も出てきます。

これは、前回の記事でお話しした通り、本作のテーマが「であるからなんですね。

更に、EDテーマ、「愛の輪郭(フィールド)」の歌い出しは以下の通り

愛し合う心を

育てていったあなたが

その腕を枕に

お眠りと耳にささやく

愛の輪郭(フィールド)より引用

こちらも「」というワードが出てきます。

これほどまでに、本編にマッチした歌詞を書ける作曲家とは、なのでしょうか?

両曲とも、作曲は「井荻麟(いおぎ りん)」さんという方で、他にも「ダンバインとぶ」「キングゲイナー・オーバー」「翔べ!ガンダム」などを作詞されています。

察しの良い方はそろそろお気付きでしょうか?

この「井荻麟」さんこそ、本作の監督である「富野由悠季」さんなんです!

(富野作品のOP・EDを担当されている事多いんですが、歌詞凄く良いんですよ…才能が恐ろしい)

 

まとめ

ポイント

  • オルファンは地球外生命体
  • ブレンは温厚、グランチャーは気性が荒い(ものが多い)
  • 井荻麟富野由悠季

 

いかがだったでしょうか?今回は中級編という事で、ブレンパワードを1週した人向けの記事となりました。

次回はいよいよ、上級編。

ブレンパワードマニアを唸らせる内容をご用意して投稿いたします。

是非、お楽しみに!

 

 

-ブレンパワード