大正時代

【S(百合)文化】大正時代の女学生!制服は袴?髪型は?当時の背景も解説!

大正時代の女学生」と聞くと、どんなイメージでしょうか?

袴にブーツ履いてて、今とそんなに変わらないんじゃない?

と思われる方もいるかもしれません。

この記事を読めば、当時の社会背景から女学生についてまで詳しくわかります

また、当時の「百合」文化についてはかなり力を入れて解説しているので、

よろしければ最後までご覧下さい。

 

大正クトゥルフとしての女学生が気になる方は、こちらからどうぞ

女学生

続きを見る

1.当時の学校制度

当時、義務教育小学校の6年間だけでした。

中等教育からは任意で、高等小学校、中学校、実業学校、

そして、高等女学校に分類されました。

 

高校まで進学する人が多い現代とは異なり、小学校を卒業してそのまま就職、という人も多かったんです。

ちなみに、中学校に行く人はかなりのエリートでした。

 

2.具体的な女学生

大正の女学生」と聞くと、袴姿にブーツを履いた「ハイカラ」な女学生を思い浮かべるでしょう。

これは、漫画「はいからさんが通る」のイメージが強いのが一因です。

 

もちろん、そういった女学生も多かったのは事実です。

しかし、震災後は「セーラー服」を制服として採用する学校が増えていました

髪型はまだまだロングが当たり前ショートヘアーにするだけで「あばずれ」と呼ばれる時代だったんです。

 

女学校の目的は「良妻賢母」の育成、帝国の「よき母」を育成する事でした。

その為、一般的な教科と言うよりは、裁縫、料理などの家事系の科目が多かったそうです。

薙刀道」、「弓道」が授業の中にあるのも特徴の一つでしょう。

 

3.当時の女性の立ち位置と社会背景

当時、まだ男尊女卑が強く、「女性とは家庭を守るものだ」という考えが強かったんです。

結婚して子供を産むのが一番の幸せに決まっている」と、何とも生きづらい時代でした。

 

そんな中、男女平等の社会を目指し活動した人がいます。

平塚らいてふ

中学校に進む人がエリートだった事は先述しましたが、なんと!平塚らいてふは、「大学」まで進学しています!

エリート中のエリートだったんですね。

 

元始、女性は実に太陽であった…今、女性は月である。

という言葉で始まった女性の為の雑誌、「青鞜(せいとう)」は当時の女性に大きな影響を与えました。

 

そんな彼女に影響を受けた女学生がいたかもしれません。

 

4.S文化

さて、話を女学生に戻しましょう。

当時の女学校には独自の文化として、「S文化」と呼ばれるものがありました。

これは「Sister」の頭文字から来る隠語で、血の繋がりの無い少女同士、あるいは女教師などとの情熱的な関係を表しています。

現代で言うところの「百合」文化です。

 

紅のリボンを送り、それを髪に結べば関係が成立する、と何ともロマンチックな告白方法でした。

しかし、そんな「S文化」にも問題があったんです。

女学生同士の心中が頻発しました。

 

なぜそのような事が起きたのか?

これは筆者の推測ですが、「この先の未来に絶望したから」ではないかと思います。

 

「男女が結婚し、子供を産むのが当たり前の世の中」で、「女学校という特異な環境」で、

「非社会的ではあるが、愛し合う事が出来る文化」がある状態で「卒業」を迎える。

卒業後は「男尊女卑の激しい世界」に戻る、「対等な恋愛」なんてものはなかった。

そんな未来が見えていて、ワクワクする人はいないでしょう?

「S文化」は少女たちの一時の夢だったのかもしれません。

何を言ってるんだ私は

 

歪んだ憧れが暴走し、対象を模倣、果てには同一化を願う女学生も居たそうです。

単に「恋愛」で括れないのが「S文化」の面白く、残酷な部分でしょう。

 

5.まとめ

いかがだったでしょうか?

大正時代の女学生について、少しでも参考になれば幸いです。

特に「S文化」は非常に興味深い文化で、多くの人を引きつけると思います。

是非、ご自身でも調べてみて下さい。

 

6.宣伝

 

そんな大正時代の女学生、「S文化」をメインテーマとしたクトゥルフ神話TRPGのシナリオ

SISTERS~大正浪漫恋愛劇~」を公開しています。

 

興味をお持ちの方は是非ご覧下さい。


近々特設ページを作成する予定ですので、お楽しみに。

 

参考文献

1.坂本雅之ほか,クトゥルフと帝国,株式会社KADOKAWA,2014年 第7版

2.山本博文,日本の歴史(14)【電子特別版】,株式会社KADOKAWA,2016年

-大正時代