神話生物紹介 独立種族

【古のもの】SAN値減少1D6!使いやすいクラスの神話生物を解説!【独立種族】

神話生物、という言葉をご存知でしょうか?

H.P.ラヴクラフトというアメリカの小説家が生み出した「クトゥルフ神話(クトゥルー神話とも)」に登場する、モンスターの総称を言います。

この記事では、そんな神話生物の中でも、特に強く人類に影響を及ぼす怪物達を解説します。

「クトゥルフ神話TRPG」を遊ばれる方や、「クトゥルフ神話」をベースにしたお話を書かれる方の参考になれば幸いです。

それでは早速解説していきましょう。

サムネイルは以下サイト様の画像を使用させていただきました。

darksect 暗黒セクト https://darksect.booth.pm/items/221957

古のものとは?

古のものはラヴクラフトの「狂気の山脈にて」に登場しました。

古のものは人間達が地球に誕生するよりずっと前から、この地球に住んでいます

作品によっては「極地のもの」という別名で呼ばれる事もあります。

身長は2.4mほど、黒っぽい灰色の樽のような胴体であり、直径は1mほどのようです。

5本の触手が生えており、背中にはコウモリの羽のようなものもついています。

 

生息地

10億年前からずっと地球にいます。

人間よりよっぽど「地球人(?)」です。

他にも「大白色空間」と呼ばれる奇妙な異次元を調査しており、ワープゾーンとして活用されている事も知られています。

 

歴史

時を遡ること約10億年前古のものは地球の南極大陸に飛来し、「ショゴス」などを創造しました。

そして3億5千万年前、宇宙から「大いなるクトゥルフ」達が飛来戦争が勃発します。

戦争終結後は和解し、クトゥルフに新大陸(南太平洋が隆起した大陸)を譲りました

しかし、その新大陸が3億年前に水没クトゥルフが眠りに着くと、再び古のものが地球を支配します。

1億4千万年前〜2億1千万年に、「ユゴスよりのもの」が飛来戦争に発展します。

詳しくは「ユゴスよりのもの」のページをご覧ください。

また、この時期にショゴスの反乱も始まります。

その後、1億5千万年前にオーストラリアと南極大陸の辺りで「イスの偉大なる種族」との間に戦争が勃発しました。

(ずっと戦ってんなこいつ)

現在は化石と休眠中の個体が数体確認されているだけで、かつての面影はありません。

 

まとめ

ポイント

  • 樽っぽい見た目羽の生えた、触手を持つ生物
  • 大白色空間を調査している
  • 10億年前から地球におり、支配後は戦争を繰り返していた

 

いかがだったでしょうか?

TRPGや、テレビゲームを遊んでいると様々な所で神話生物と出逢います。

最近ではアニメや漫画にも多く登場しているので、探してみてはいかがでしょうか?

このシリーズでは、一体の神話生物にスポットを当てて紹介しています。

コイツを紹介して欲しい!」という神話生物が居ましたら、是非コメントにて教えて下さい。

他の神話生物が気になった方こちらから!

カテゴリー別クトゥルフの使いやすい神話生物一覧

続きを見る

 

最後に、本記事を書く為に参考にした本を紹介します。

1.森瀬 繚,ゲームシナリオのためのクトゥルー神話辞典,SBクリエイティブ株式会社,2018年 電子第二版

原典、魔導書や地方、ラヴクラフトについて等書かれている本です。

元々このシリーズは分野に特化したわかりやすい事典として有名で、それのクトゥルフ版になります。

2.森瀬 繚,図解 クトゥルフ神話,株式会社新紀元社,2018年 第15版

左ページには設定を文章で、右ページにはそれらをわかりやすく図解で説明してくれている本です。

こちらも地域や魔導書などについても記載されています。

3.スコット・アニオロフスキーほか,マレウスモンストロルム,株式会社KADOKAWA,2016年 第12版

元々は「クトゥルフ神話TRPG」というゲームを遊ぶ為の追加データ集ですが、

神話生物に関する情報が満載なので、とても参考になります。

今回の記事は以上になります、最後までお読みいただきありがとうございました!

他の神話生物が気になった方こちらから!

カテゴリー別クトゥルフの使いやすい神話生物一覧

続きを見る

-神話生物紹介, 独立種族