【ストーリー解説】アナトリアの傭兵が守り続けた「コロニーアナトリア」の歴史とは?【アーマードコア4】

毎週日曜日、21時更新!

先日、15周年を迎えた大人気ゲーム「アーマード・コア4(AC4)

今回はAC4の重要な歴史

コロニーアナトリアの歴史」について解説していきます。

 

この記事は動画でも見る事が出来ます

 

アナトリアとは?

ネクスト技術、特にIRS/FRSの研究にて栄えたコロニー

しかし、とある事をキッカケにして陥落していきます

IRS/FRSとはネクストを操作する際必要になる技術の事です)

イェルネフェルト教授の死

IRS/FRS研究の第一人者は「イェルネフェルト教授」という人物でした。

彼は今作のオペレーター、「フィオナ・イェルネフェルト」の父に当たります。

イェルネフェルト教授は「ネクスト制御技術」の提唱者であり、第一線で活躍する人でした。

彼の研究のお陰でアナトリアの生活は楽になった事でしょう。

 

しかし、それも彼が亡くなるまでの話。

イェルネフェルト教授の死後、独占していたAMS技術がコロニーアスピナへ流出

たちまちネクスト技術が世界の技術者に広まってしまいます

独占技術を無くしたアナトリアでしたが、一人の男性が立ち上がりました。

エミール・グスタフ

教授亡き今、新たなアナトリアの指導者として立ち上がったエミール

彼は政治的な才能に秀でており、「ネクストを使用した傭兵事業」を考案

そこで駆り出された人物こそ、療養中であった本作の主人公です。

 

エミールの思惑通り、傭兵事業は成功し各企業からは多数の依頼が殺到

それは全て、「アナトリアの傭兵」の戦果によるものでした。

アナトリアの傭兵の戦果

最初は値踏みしていた企業も、とある事をキッカケに「アナトリアの傭兵」への見方を変えます。

ホワイトアフリカの英雄、アマジーグを撃破

この事件はアマジーグが所属するマグリブ解放戦線だけでなく、全ての企業に衝撃を与えました。

そして、前回の動画でお話した「BFF本社艦、クイーンズランスを撃墜」した事により、

リンクス戦争が始まります。

イレギュラーへの粛清

リンクス戦争は、二人の英雄により終結を迎えました。

しかし、運命の皮肉と企業の思惑により、アナトリアが襲撃されてしまいます。

襲撃者は「ジョシュア・オブライエン

本来の搭乗機であるホワイト・グリントではなく、プロトタイプネクスト「00-ARETHA」で攻撃を仕掛けて来ます。

アナトリアの傭兵が急行するも、コロニーアナトリアは再起不能な程に破壊されていました。

フィオナはラインアークへ

アナトリアの傭兵のオペレートを務めた「フィオナ・イェルネフェルト」は故郷を捨て、

ラインアークへその身を置きました

アナトリア失陥の元凶

後にそう呼ばれる、イェルネフェルト家の歴史は、アナトリアの歴史そのものだったのです。

 

まとめ

ポイント

  • 元々アナトリアは、イェルネフェルト教授のお陰で発展
  • 教授の死後、AMS技術がアスピナへ流出
  • 戦争を生き延びるも、襲撃され再起不能

 

いかがだったでしょうか?

アーマード・コアシリーズは現在でもカルト的な人気を誇る、ロボットアクションゲームです。

PS3をお持ちの方であれば、かなり安くプレイする事が出来るので、この機会に遊んでみませんか?

 

ロボット解説」シリーズでは、ゲームやアニメに登場するロボットについて解説しています。

他にも多数のロボットを紹介しているので、是非ご覧下さい。