AC4

【ストーリー解説】オリジナルを生み出した「国家解体戦争」とは?【アーマードコア4】

毎週日曜日、21時更新!

先日、15周年を迎えた大人気ゲーム「アーマード・コア4(AC4)

今回はAC4の前日談

国家解体戦争」について解説していきます。

 

この記事は動画でも見る事が出来ます

 

本編のリンクス戦争については後日公開予定です、お楽しみに。

世界観

本題に入る前に、世界観の話をしましょう。

時は近未来、爆発的に増えた人口に対し、食糧やエネルギーは不足していました。

国家はその問題に対処し切れず、やがてテロやデモが頻発します。

 

このテロリストを鎮圧する為、軍隊は機械化、戦闘用ロボット「アーマード・コア」を使用し対処します。

兵器の裏には金儲け、死の商人である企業達は、国に対しパーツや武器などの兵器を提供しました。

しかし、国家はその機能を回復させる事が出来ません

6つの企業

統治能力の低下した国家に見切りをつけた6つの企業は、国に戦争を仕掛けます。

それこそが、「国家解体戦争」。

文字通り、国を解体して、企業が支配する世界を作ろうとしたんです。

 

企業側は今までの「アーマード・コア」と異なる、「ネクストアーマード・コア」通称ネクストを使用し、戦争を開始。

合計26体のネクストにより、開戦から僅か一ヶ月戦争は終結

企業側は圧倒的勝利を収めました。

オリジナル

26体のネクストにはそれぞれ「リンクス」と呼ばれるパイロットがいます。

この「国家解体戦争」にリンクスとして戦闘した彼らは後に「オリジナル」と呼ばれる事になりました。

ちなみに、4の主人公は「国家解体戦争時」には「レイヴン」であり、ノーマルACに乗って戦い重傷を負います。

(レイヴン:昔のACのパイロット)

 

真相

さて、ここまでお話しした「国家解体戦争

この内容は、実は表向きの内容で、真相があります。

その真相は…

fA編で解説します、お楽しみに!

 

まとめ

ポイント

  • 国家解体戦争は、本編の前日談
  • 6つの企業が国に戦争を仕掛けた
  • 企業が勝利し、その時のパイロットは「オリジナル」と呼ばれた

 

いかがだったでしょうか?

アーマード・コアシリーズは現在でもカルト的な人気を誇る、ロボットアクションゲームです。

PS3をお持ちの方であれば、かなり安くプレイする事が出来るので、この機会に遊んでみませんか?

 

ロボット解説」シリーズでは、ゲームやアニメに登場するロボットについて解説しています。

他にも多数のロボットを紹介しているので、是非ご覧下さい。

 

-AC4